FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-03

SVU シーズン11第8話「反抗」

女子高生のニッキーがサムにレイプされた事件の裁判で、証拠隠滅の疑いがある、と指摘されたキャボット。48時間かけて証拠を見直すよう判事に指示されます。



*以下、ネタバレあります*


その朝ステイブラー家で、ニッキーの猥褻な写真がネット上にあり、親友のシェーンから写メを受け取った、と息子のディッキーから聞いたエリオット。

キャボットは、法曹協会から調べられていました。(前検事補ソーニャの飲酒のせいか、理由はわかりませんが……)

証拠の見直しの最中、ディッキーが行方不明になります。
学校で友達とケンカし、昼休みの後戻らないそうです。
(どんだけ優等生だったんだ……)

エリオットはオリビアが止めるにも関わらず、ケンカの相手を問い詰めます。

なにやら友人のシェーンから買った録画機が盗品で、シェーンの母親が取り返しに来たとか。
ディッキーとシェーンは陸軍への入隊のために、200ドルを必要としていました。

ディッキーのカードがATMで使われ、エリオットは「遊んでるだけ」と心配していないフリをしますが、動揺しまくっています。

エリオットはシェーンの母親に会います。シェーンは問題児で、麻薬の前科があります。エリオットはディッキーと付き合わせたくなかったようです。彼女もそれをわかっていて、エリオットを歓迎してはいませんでした。

*さて、ニッキーの事件ですが、サムは合意の上だった、と主張しています。
写真が見つかり、供述を取り直す必要が出てきました。

ATMのカメラの映像で、シェーンが金を下ろそうとしていたことが判明。カードにはクレジット機能がついていませんでした。後ろに誰か写っていますが、ディッキーではありません。

シェーンはハーレムのシェルターで奉仕活動をしていました。
中でも親密だったハロルドという男は、麻薬中毒者です。

*ニッキーから写真について話を聞くキャボット。
パーティーの三週間前に、飲み物に何か入れられ、記憶がない、と言います。

ハロルドを探すオリビアとエリオット。なんと、探していたディッキーが、ハロルドを暴行している場面に出くわします。

「シェーンはどこだ」と怒鳴るディッキー。

入隊するために、200ドルで偽の出生証明書と身分証を作る予定だった二人(シェーンだけかな?)。
シェーンが約束の場所に来ないので、ディッキーは心配して探していたんです。

携帯のGPSから、シェーンが留置所にいると判明。ところがそこには携帯電話があるだけでした。
携帯には、シェーンの血痕が付着。

持ち主のダグラスは、ホームレスから買ったと言います。
そう、ハロルドです。

*その頃ソーニャがキャボットに忠告。署にニッキーが泣きながら現れ、「検事さんがパパに写真を見せて起訴を取り下げた」と言います。

クレイゲン警部は、エリオットの違反行為(家族の事件の捜査をしたこと)で、またまた停職処分に。代理はマンチが務めます。

そして、恐れていたことが起きてしまいました。
シェーンが、遺体で見つかったのです。裸で、持ち物をすべて奪われ、複数の刺し傷と踏まれた痕がありました。
死ぬまで、長い時間苦しんだようです。

シェーンの遺体発見現場にエリオットがいるのを見つけて怒るキャボットですが、オリビアから「新しい検事補の派遣を要請した」と言われます。
自分を守るために起訴を取り下げた、とキャボットを責めるオリビア。

*そしてニッキーが自殺を図り……今回のSVUは救えないなー、と思ったら。

*キャボットはサムと弁護士を呼び出し、証人買収の罪も上乗せして裁判を再開する、と言います。
買収された証人(ニッキーの友達、エイミー)が、今度は検察側の証人になるのです。

ハロルドはフィンが逮捕しました。「友達だったのに、なぜ殺した?」と問い詰めますが、ハロルドは悲しいくらい、救いようのない麻薬中毒者でした。彼を信じて、支えようとしたシェーンが間違っていたのでは、と思うくらい。
ハイになりたいのに、金をくれなかった。カード(ディッキーの)を持ってるのに、隠していたから、頭に血が上った……。

身ぐるみを剥いで、すべて奪ったことに関しても、「彼にはもう必要ない」と言うハロルド。
さすがのフィンも諦めていました。

そして、ステイブラー家では。
葬式にも来るな、とシェーンの母親から言われたディッキーに、エリオットは「俺のせいだ」と謝ります。
陸軍入隊のために、エリオットのサインを求めるディッキー。
署名はしない、とエリオットは言います。力強くディッキーをハグし、署名はしない、と繰り返すエリオット。

泣けた……。



反抗期か? と思うようなディッキーの態度に、やっぱりキレかけるエリオット、にハラハラしました。
もっと早くシェーンを見つけていたら、救えたかもしれない、とエリオットは後悔していましたが……感情的になって、遅れをとったのは確かだと思います。

自分の中で、今回のエピには「信頼、信用」が絡んでるなー、と思います。

刑事の息子で、友達がいないディッキーには、信じられる友人はシェーンだけ。
前科があって、依存症と戦う中、信じてくれるディッキーの存在は、シェーンにとっても大切だったと思います。
母親さえ、録画機を盗品だと思い込むくらいですから……(実は違ったのに)。

ディッキーはエリオットを信用できず、口を閉ざしていました。

キャボットは、チームを信じられず、被害者であるニッキーを追い詰めてしまった。

そしてシェーンは、ハロルドを信用してしまったばっかりに、襲われて殺されてしまった。

救いようのない事件でしたが、唯一、サムの有罪は確定だと思います。


スポンサーサイト

テーマ : ★海外ドラマ★
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

gobyuu

Author:gobyuu
LAW&ORDER:性犯罪特捜班にどっぷりハマっていた女。素晴らしいドラマです!!

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
カテゴリカテゴリカテゴリ
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
メールフォームメールフォームメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>バナー<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>B.D.Wong専門ブログ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。