FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-03

SVU シーズン10第21話「想定外」

パムという女性がレイプ被害を訴えますが、彼女は反撃したので犯人が怪我をしてしまいました。



*以下、ネタバレあります*



犯人のオーウェンは、パムとはレイプ願望のサイトで知り合い、合意の上でセックスしたと主張。
パムのパソコンからポルノ画像が見つかりますが、トロイの木馬ウイルスによるものと判明します。

パムの元恋人タイラーがパソコン講師で、別れた後も彼女につきまとっていたことから犯人の可能性があります。

パムはタイラーから逃げるためにロードアイランドからニューヨークへやって来ましたが、タイラーは後を追って彼女の家の向かいに住んでいました。

ロードアイランドでは接近禁止命令が出ていましたが、オリビアとキャボットはニューヨークの接近禁止命令を取ろうとします。
目当ての判事が不在で、偶然通りかかったコーラー判事に依頼したキャボット。
彼は容疑者の人権を尊重する、厳格な判事です。

当初は犯行を否定したタイラーですが、後日偶然を装ってパムと街で会い、彼女を脅します。
取調べでストーカー行為を認める供述をしたタイラー。ですが弁護士は自白は強要されたものとして、審問を開くよう申し立てます。

審問の席で、「茶番だ」と言って逃げ出したタイラー。すぐに捕まりますが、逃亡を図ったためコーラー判事は保釈を取り消し再勾留を命じます。

タイラーは判事を罵倒。「暴君はいつも都合のいい理由を見つける」と怒鳴ります。

さて、突然コーラー判事から呼び出されたエリオット。
判事はエリオットの過去の実績(?)を見て、頼みたいことがある、と言います。

コーラー判事は30年前に当時3歳だった息子マーシャルを失っていました。誘拐し殺害した犯人ロイは逮捕され刑務所にいます。12人の被害者のうちマーシャルは4人目とされていますが、ロイは判事に恨みがあって遺体の場所をまだ吐いていません。

エリオットは了解し、ロイからマーシャルの遺体の場所を聞き出しに行きます。

タイラーの裁判が始まりました。彼は勾留されてから食べ物を口にしておらず、ハンスト中でゲッソリしています。
コーラー判事はエリオットからの連絡待ちで携帯をいじって落ち着かず、エリオットの脅しに耐えきれずロイが遺体の場所を吐くと、その連絡を受けて判事は裁判を中止してしまいます。

遺体はしばらく放置され、その後移動されたらしく、遺体の置いてあった場所に死蝋が残っていました。

マーシャルの件は終わったかに見えましたが、タイラーの裁判にコーラー判事が現れません。
前日?判事はタイラーに会いに刑務所を訪れていましたが、「生い立ちを聞かれ、何か食べるまで出て行かなかった」とのこと。
タイラーにハンストをやめさせたんですね。

オリビアとキャボットは彼が個人的な問題を抱えていたことから自殺を心配し、フィンとマンチが自宅に判事を探しに行きます。

そこには、シャツを血で汚したコーラー判事の姿。同じ人とは思えませんでした。

部屋には、縛られ殴られ、気絶した男の姿。

彼はグレゴリー。タイラーの父親でした。

オリビアはタイラーに判事と何を話したのか尋ねます。「性的虐待をされていたか」と問われ、嫌々ながらも認めるタイラー。判事も同じ質問をしたそうです。

コーラー判事はワーナーからロイの供述から見つかった死蝋がマーシャルではなく他の被害者と一致したことを聞かされていました。判事は彼女に髪の毛を手渡し、タイラーのDNAと照合させています。

エリオットとオリビアから聞かれ、あの髪の毛はタイラーのものだと言うコーラー判事。タイラーのDNAと髪の毛のDNAは一致しました。ですがタイラーは髪の毛は取られていないと言います。

「彼が子供の頃に取った」と言うコーラー判事。タイラーは、30年前に誘拐されたマーシャルだったのです。

判事はタイラーが「暴君はいつも都合のいい理由を見つける」という引用を使ったことから、息子のマーシャルだと気付いたのです。
それは判事がマーシャルによく読んで聞かせた「オオカミと子羊」という童話からの引用でした。

ロイは判事に恨みがあったから、マーシャルの失踪も自分の犯行だと嘘をついていました。
そして判事はそれを信じてしまった。けれど自白は失踪の7年後でした。
「私が捜し続けていれば、救ってやれた」と判事は言いますが、それはわからない。けれど、自分の不注意でマーシャルを誘拐され、救えず、犯罪者にしてしまった、、、タイラーが今のようになったのは、性的虐待のせいだ、と判事は言います。

最後の願い、と判事はタイラーと再び対面します。

あの引用、童話を読む声を思い出してごらん、と言われ、タイラーは目の前の、自分のために父親を襲った判事が実の父親だと気付くのです。



泣けた、、、。
いやもうほんとマジで泣きました。なにこの偶然。判事の愛深すぎ。
いろんな偶然が重なって、真実にたどり着いたコーラー判事。
とはいえ、「もしも」はありません。
もしもタイラーが誘拐されずに判事の元で育っていたら、今のようにはなっていないかもしれない。けどそれはわからないし、たとえそうでもタイラーはタイラーの今の人生を歩み続けないといけないわけで、、、。

せめて、コーラー判事の存在が、更生の手助けになったらいいな、と思います。



タイラー、タイプだったのにな、、、犯罪者じゃん(汗)


スポンサーサイト

テーマ : ★海外ドラマ★
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

gobyuu

Author:gobyuu
LAW&ORDER:性犯罪特捜班にどっぷりハマっていた女。素晴らしいドラマです!!

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
カテゴリカテゴリカテゴリ
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
メールフォームメールフォームメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>バナー<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>B.D.Wong専門ブログ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。