FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-21

SVU シーズン8第10話「ティアニーの贖罪」

ディッキーとエリザベスの、クリスチャン・ネームの命名式。ディッキーはミカエルという名前で、「聖ミカエルは警官の聖人だ」と嬉しそうなエリオットに対し、
「パパを喜ばせるため」「もうヨリは戻らないのに」と冷たいキャサリンたち。

式が終わり、神父から相談を受けるエリオット。ヘイブン・ハウスというホスピスにいるジャド・ティアニーと話して欲しい、と神父は言います。
彼は末期の肺がんでした。



*以下、ネタバレあります*


エリオットが訪れると、ジャドは「30年待っていた」と言います。

神父から詳しい話は聞けなかったエリオット。ジャドはエリオットに「娘に会いたい」「連れてきたらすべて白状する」と言います。

ジャドは前歴なし。シーラという娘がいて、彼女に会いに行きますが、シーラはジャドと会うことを拒否します。
最後に会ったのは1989年。母親が死んだ頃で、彼女は18歳でした。
オリビアはジャドがシーラを虐待したのでは、と疑います。

シーラは地下室のボイラー側に箱があるから、それを父に届けてくれ、と言います。
箱には、ジャドからの手紙が大量に入っていました。
「シーラ、許してくれ」という文面で、それぞれに100ドル紙幣がはさまれています。

虐待を疑うオリビアに対し、エリオットは否定的。
手紙から指紋と唾液を採取します。

ジャドのところへオリビアを連れて行くと、ジャドは彼女を「威勢がよくて、娘にそっくりだ」と喜びます。
話している最中にモルヒネの効果で眠ってしまったジャドに、オリビアが付き添います。

エリオットはラボへ向かい、ジャドがジェイクの名で1956年に逮捕されていたことを知ります。
ピオリアで侵入罪。57年にはセントポールで侵入未遂、58年にはエルパソで家宅侵入罪。
手紙に同封されていた紙幣はすべて1970年以前のもので、FBIの紙幣リストからある事件が浮かびます。

未解決の連続強盗事件。容疑者は二人。通称フェドーラ団。47年間、指名手配のままです。

ジャドは、シーラが生まれて足を洗ったと言います。
21件の強盗事件は、氷山の一角だ、というジャド。
ジャドはオリビアに「近くにいてくれ。話す気になるかもしれん」と言います。

シーラはフェドーラ団のことを聞いてもあまり驚かず、「父は隠し事のプロ」と言います。
エリオットはシーラを問い詰め、シーラがヨーロッパへ行こうとしたとき、旅券用の出生証明書をジャドが拒んだことを話します。
出生証明書には、母の名前がスザン・モリナックスとあったそうです。
シーラの母はレノアなのに……。

レノアは子供が産めなかったので、愛人のスザンを妊娠させた、とジャドは語ったと言います。
シーラは両親に抱きしめてもらったことがない、と言い、エリオットは「昔のアイルランド風だ。うちもそうだった」と言いますが、「閉鎖された沈黙の場所だった」とシーラは頑なです。
ジャドは、愛人の子を妻に育てさせた。母は私を憎んでいた、とシーラは言います。

ホアンは、「シーラが拒むなら会わせられない」と言います。
父親が死ねば後悔する、というエリオットの言葉にも否定的。
時機を待つんだ、とアドバイスするホアンに対し、「彼には時間がないし、俺には忍耐力がない」と言います。
(よくわかってらっしゃる、、、)

ホアンは「シェヘラザードを急かすな」と言います。
シェヘラザードは千夜一夜物語のひとつ。
王は毎夜、処女をめとるが、朝には花嫁を殺してしまう。でもシェヘラザードの話は面白くて、王は彼女を殺せない。ジャドも物語で死を先延ばしにしている、と語るホアン。
オリビアを娘の代理にしているのです。オリビアが怒れば、ジャドは必死で彼女を取り戻すと言います。
(原題の”Scheherazade”はこの話からきてるみたいです)

オリビアがジャドのもとから帰ろうとすると、彼は出かける準備をし、セントポール墓地へ向かいます。
そこにはレノアの墓。墓のそばに鍵を隠していました。

エリオットはその鍵がどこの鍵なのかを探し回ります。
それは防空壕の鍵で、中には金と、フェドーラ団の片割れと思われる人物の死体がありました。

ジャック・コリーノは至近距離で心臓を撃たれていました。
ジャドは「周辺が臭くなって後悔した」と言いますが、殺人に関しては後悔していないらしく、「ジャックが悪い」と言います。

ジャックの妻、リタ・コリーノはジャックのことを何年も忘れていた、と言います。てっきり愛人と逃げたと思っていたそうです。
身ごもった愛人が「別れてくれ」と家に来たことがあり、その女性がスザンでした。

シーラは、ジャックとスザンの子供だったのです。

当時、ジャックからスザンの家にガソリンを持ってくるよう電話を受けたジャド。
持って行くと、スザンが死んでいました。
ジャックはスザンから「奥さんと離婚しなければ強盗のことをバラす」と脅され、殺してしまったのです。

ガソリンをまきはじめたジャックに「赤ん坊はどうする」とジャドが問うと、「焼いちまえ」と言ってガソリンをかけようとします。ジャドは、赤ん坊を守るために、ジャックを射殺しました。

逮捕してくれ、と言うジャド。

ジャドは逮捕されますが、医者が収監を止めます。

スザン殺害事件で、元夫のマイクが有罪になっていたことが判明。マイクはシンシン刑務所で服役中でした。
マイクの投獄を知らなかったジャド。ケイシーはジャドの供述を録音し、無実の罪で投獄されたマイクを釈放しようとしますが、録音中にジャドはまたも眠ってしまいました。
ケイシーはモルヒネを使っているなら法廷で採用できない、と言います。

ジャドの治療にはモルヒネが使われていましたが、ナロキソンを使用すれば目を覚ますことができます。が、投薬には本人か家族の承諾が必要です。

シーラが病院を訪れ、書類に署名。
ジャドの供述を録音することができました。

ですが今度はマイクが刑務所内で殺人を犯していたことが判明します。刑務所内での殺人は正当防衛だと主張するマイク。

エリオットはケイシーにマイクを釈放するよう頼み、ケイシーはドネリーに相談。知事に恩赦を出してもらうことで話はまとまります。

一方ジャドは、死の床でマイク釈放の連絡を待っていました。
オリビアに「そばにいてくれ」と言うジャド。
オリビアがマイクの釈放を知らせ、安心したのか、彼は息を引き取ります。

シーラが駆けつけますが、彼女はジャドの死に間に合いませんでした。



マイクの冤罪が証明され、釈放されることになったのは、本当によかったと思います。
が、イマイチ腑に落ちないというか、微妙な、、、エピでした。
ジャドはシーラに真実を伝えることができず、真相を知ってやっと会う勇気を得たシーラも、ジャドと直接話すことはできませんでした。

虐待を疑うオリビアと、別の面から捜査するエリオット。結果的にはオリビアがそばにいたことで、ジャドは少しでも長く生きようとがんばれたのかもしれません。
マイクが冤罪で投獄されていると聞いて、彼を救うために踏ん張った、というのもありますね。

シーラがジャドを許したかどうかはわかりませんし、彼もそれを知らないままですが、こういう形で終わるしかなかったというのが、寂しい気もしました。


スポンサーサイト

テーマ : ★海外ドラマ★
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

gobyuu

Author:gobyuu
LAW&ORDER:性犯罪特捜班にどっぷりハマっていた女。素晴らしいドラマです!!

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
カテゴリカテゴリカテゴリ
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
メールフォームメールフォームメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>バナー<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>B.D.Wong専門ブログ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。