FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-14

SVU シーズン8第8話「Cage」

運転ミスでバンが川に突っ込む事故が発生。バンには幼い子供が二人乗っていて、手錠をかけられていましたが、運転手が外したので命は助かります。



*以下、ネタバレあります*


二人は怯えていて、何も話そうとしません。デニが少女と話し、少女はイーデン、少年はマークという名前だとわかりました。ですがマークは誰とも、一言も話そうとしません。

車から女性用の靴とカツラが発見されます。トンネルのカメラに残っていた映像から、助手席にもう一人女性が乗っていたことが判明します。

イーデンは写真の女性をアルマという、自分のママだと言います。そしてイーデンにはローズマリーという姉がいることも話します。彼女はデニに「一緒に暮らして」言い、すっかりなついているようでした。

車の所有者はフランク・ホービス。マンチとフィンはフランクの実家を訪ねます。母親が気付かないうちに侵入して隠れていたフランクを発見し、連行。
彼はただの運転手で、雇われただけだと言います。アルバニーで乗せたこと、子供たちの手錠はアルマがはめたことを話します。

ホアンはマークと面談します。
家族の話を聞きだそうと、家を描かせようとしたとき、マークは突然怒ってホアンに襲いかかります。止めに入ったエリオットとデニ。エリオットは、マークにペンで右胸を刺されてしまいます。

ホアンはマークをRAD(反応性愛着障害)だと診断しました。愛情の欠乏で、他者との意思疎通が困難になるそうです。完全に心を閉ざす子と、極度に甘える子がおり、イーデンも同じだと言います。

デニによると、マークはハイチなまりのフランス語を話したそうで、ホアンは「外国からの養子もRADに」と言います。

イーデンとマークは、養父母に捨てられ、仲介業者に戻される途中だったと思われます。

アルマと思しき女性を、ステインズ通りまで乗せたというタクシーがあって、マンチとフィンはその家に向かいます。デニも来るように言われていたのですが、彼女はエリオットに付き添っていました。

家には誰もいませんでしたが、くまのぬいぐるみがあり、子供がいたようです。

指紋の数から、数十人の人が出入りしていたらしく、近くのゴミ箱からは子供用の服や小物が見つかります。R.R.Bと、4日前の日付が書かれたテープが見つかり、修復を急ぎます。

その頃デニは、エリオットと病院にいました。マークに襲われたことに、あるいはエリオットが怪我をしたことに、動揺しているデニ。
「冷静なのね」と言うデニに対し、「任務だ」とエリオットは答えます。

手を握り合っているとき、声がして、キャシーとキャサリンが訪ねてきました。
エリオットが刺されたと聞いて、心配して来たんですね……。
デニはその場を去り、三人が話してる様子を窓越しにちょっと見つめていました。
(うむむ……フクザツ)

イーデンは、ACSの緊急シェルターに泊まっていました。マークはセントポール病院にいるとのこと。ACSの職員とデニは、里親を探すが、刑事を刺したマークは絶望的だと話します。

クレイゲン警部はデニを呼び出し、子供たちより相棒のケガを心配して、現場に向かわなかったことを怒ります。
謝罪し、「取り返す」と言うデニ。警部は「もう遅い」と言い、あの家がペティ養子サービスの所有で、明日代表者に会うと話します。
ACSで経歴を調べるようデニに命じますが、とりあえず今日は帰って寝ろ、と。

ですがデニはその足でACSへ戻り、先ほどの職員にペティ養子サービスとアルマについて尋ねます。ペティ養子サービスは悪質な仲介業者で、一年前に契約を切ったそうです。そしてアルマは、担当の子をフォローしなかったため、三年前に解雇した元職員でした。

ステインズ通りの家は、子供と養父母が試しに数日間宿泊するための家だ、とペティは語ります。イーデンとマークについては知らないと言い、同行を拒否。弁護士が阻止すると、強気です。

ですがマンチとフィンが去った直後、ペティはリディア・モーテルに電話をかけました。そこにはアルマがいて、連行します。

「二人を助けた」と主張するアルマ。

修復されたテープには、三人の大人と、一人の少女の声が録音されていました。
男の一人が「(少女を)毛布でくるみ、酸欠に注意して、上に乗って体重をかける」と指示。痛がる少女の悲鳴。息ができない、と少女は叫びます。

エリオットは、これは「出生体験だ」と言います。過呼吸により、出生の記憶を再現する、一種のセラピーのようです。

テープの途中が修復できず、三時間テープの最後の方では、少女が死んでしまったのがわかります。少女は「ローズ」と呼ばれていました。イーデンの姉は、ローズマリーという名前です。

ステインズ通りの家に急ぐSVUメンバー。
庭の土の中から、9歳くらいの少女の遺体が見つかります。
吐しゃ物を詰まらせての窒息死でした。体には、生前に虐待されていたような傷跡がありました。

イーデンは遺体を見て、姉だと言います。
「田舎の大きなおうちに、リタとバドと住んでいた」と話すイーデン。イーデンは、「ローズは檻に入れられていた」と言います。

アルマはテープを聞いて動揺します。関与は否定しますが、録音された声の一人が、リーフ博士という心理学者だと言います。

リーフ博士は、電話越しに指導したから、自分に責任はない、と主張。ローズが死んだことを聞き、「彼らは何度もやっているのに、不思議だ」と言います。

リタとバドの所在が明らかになり、エリオットたちは夫妻の家に向かいます。家にはリタと、子供が9人いました。
リタは姉妹の写真を見ても知らないと言いますが、イーデンに家の写真をメールで送ると、この家に住んでいた、と言います。ローズは納屋にいたと聞き、エリオットとデニは納屋を調べます。そこでは、ジョーという少年が、檻に入れられていました。

ジョーは二日前からそこにいて、「外に出ると、迷惑をかける」と子供らしくないことを言います。
そこへ帰ってきたバド。エリオットが問い詰めると、「しつけだ」と言います。
エリオットはキレそうな感じで二人を逮捕、連行します。
ジョーは、すっかり怯えている様子でした。

バドは、「子供たちを愛してる」と言います。
檻に入れたのは、最終手段だった。
ジョーが暴力を振るうから、と言います。

ホアンは、ゲイブラー夫妻の養子となった子供たちに話を聞きます。彼らは、夫妻から暴力を受けたことはない、と言います。少女の一人は、実の親からは、いつもぶたれた、と言います。

バドは冷静でしたが、テープを聞かされたリタが涙を流し、「あの子のためだった」と言います。

犯行を認めたも同然ですが、ケイシーは「テープは証拠にならない」と言います。修復は、警察が手を加えたことになるそうで……。

さて、裁判が始まり、リーフ博士は「適切に行えば、危険な治療ではない」と言います。
ここで、ローズが夫妻をナイフで二度も襲ったという過去が提示され、ケイシーは焦ります。
弁護側は、無表情実験のビデオを陪審に見せ、子供が大人の脅威になりうる、と示そうとします。

「ローズは、笑いかけ、反応を求めたが、無視された。自然な感情を失い、生存本能だけが残った」
「たいていの精神科医はお手上げだろう」とリーフは語ります。

夫妻には、選択肢がなかった。
養育を諦め、精神疾患として施設に入れるか、治癒を信じて闘い続けるか――

ケイシーは、善悪についてリーフに問います。
死ぬまで治療を続け、遺体を埋めるのは悪いことだとリーフに認めさせます。
善悪に訴えるしか、なかったんでしょう。

ケイシーは夫妻の悪事をイーデンに証言させようと、デニに説得を頼みます。デニは、ちょっと嫌そうというか、イーデンと話す自信がなさそうでした。

イーデンは夫妻が、口にホースを入れ、鼻から水が出るまで流し続けたと言います。
何をしたの? と問うデニ。
イーデンは「食事を残した」と言います。
夫妻は自分を殺したそうな目で睨む、とイーデンは言い、彼らの復讐に怯えているそぶりを見せます。
一緒に暮らして、というイーデン。もちろん、断るデニですが、裁判の間だけでも、泊めて欲しいと言われ、承諾します。

でも、嫌な予感……。

デニが寝ていると、イーデンがすぐそばに立っていて、エスターかと思いました。

イーデンは、自分が寝ていたソファに、放火していました。
気付いたデニは急いで消火器で消化しようとしますが、火はカーテンに燃え移り、危険な状態。
そこへイーデンは呆然とした様子で歩いて行きます。デニは彼女を抱えてなんとか火を消し止めましたが、その間、イーデンは「死にたい、死なせて」と叫んでいました。

病院で、「離れたくなかった」と言うイーデン。
死んじゃうわ、と言うデニに、でも、一緒にいられる、とイーデンは言います。

イーデンは、自傷行為の防止のため、縛られていました。

「ごめんね」と病室を出て行くデニ。イーデンは絶望した様子。

廊下にはエリオットがいて、夫妻は過失致死罪になり、最長でも2年だろう、と伝えます。

「自分を責めちゃダメだ」と言うエリオット。
「もう限界。人を救うのが私の仕事。彼女を救えると過信した」とデニは言います。

私たちは無力よ、と言うデニに、乗り越えろ、と言うエリオット。

「残ってほしい?」とデニが尋ねると、エリオットは「俺には言えない。君の意思で決めろ」と言います。

デニは、「さよなら」と言って、去っていきました。
デニは、泣いてるみたいでしたが、その後姿を見送るエリオットも、悲しそうというか、泣きそうな顔をしていました。



クレイゲン警部に、デニはSVUでやれそうか? と聞かれたらもちろん、と答えたくせに、相棒としては? と問われると「俺は選べない」と言っていたエリオット。

エリオットは、本当はデニに残って欲しかったんじゃないかな? と思いました。

オリビアも、ずいぶん前、シーズン2頃だったかな? 少女に懐かれて、心配でかまいすぎて、母親から接近禁止令をくらったことがありました……。デニは、よくやったと思います。でも、彼女は凶悪犯を追う方が性に合ってると思うので、また別の部署でがんばって欲しいですね!

イーデンだけでなく、マークもですが、治療は困難かもしれません。イーデンが「死にたい」と言ったのには驚きました。「自殺」を考えたり実行するのは、もう少し大人になってから、12歳くらいからだと思ってたので……。

これ、以前も記事に書いたかもしれませんが、昔の実験で、赤ちゃんに食事を与えるたびに、①撫でる ②殴る ③何もせず、ただ食事を与える という内容で、①と②の子は育ったけど、③の、触られなかった子は、死んでしまったそうです。無視される、というのは、一番ツライ、生きることさえ困難にしてしまうんですね。

ちなみに、イーデンを演じていたのはダコタの妹エル・ファニング。
一緒に観ていた母(でも途中で寝た!)が、ダコタに似てる似てるというので調べたら、ほんとに妹でした。

なんか、こう、怖~い子供特有の感じが出てましたよ、さすが!

てことで、ついにデニが去り、エリオットは一人ぼっち(泣)
オリビア復帰が待ち遠しいです。


スポンサーサイト

テーマ : ★海外ドラマ★
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Law&Order SVU S8-#8 「Cage」

バンが前方から来たトラックを避けようとして、ハンドル操作を誤り川に転落。乗っていた少年と少女が救出されるが、二人の手首には繋がれた跡がついていた。運転手と同乗していた女性は姿を消し、車には二人を...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ブログ復活おめでとうございます♪

エル・ファニングの演技力に感心させられました。さすがダコタの妹だと思ったら、今公開中の映画にエルは主役で出てますよね。予告編を観たんですけど、背がずいぶん伸びて大人っぽくなっていてビックリしました。子供の成長は早いです…

デニはよく頑張りましたよ、でもSVUに馴染むのは簡単なことではないと思います。エリオットもオリビアも失敗を繰り返しながらここまでキャリアを積んできたんだし、向き不向きもあるでしょうね。デニとエリオットのコンビも見応えあったけれど、デニには自分に合った職場でまた頑張ってもらいたいものです。

こんにちわ

Garotoさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>

> ブログ復活おめでとうございます♪

ありがとうございます!
まだちょっと心配ですが、とりあえず大丈夫みたいです♪

> 背がずいぶん伸びて大人っぽくなっていてビックリしました。子供の成長は早いです…

「SOMEWHERE」? 私も今予告見て驚きました……すっかり成長しちゃって(涙)
お姉ちゃんに負けない大出世ですね☆

> デニとエリオットのコンビも見応えあったけれど、デニには自分に合った職場でまた頑張ってもらいたいものです。

そうですね、デニがいなくなるのはちょっぴりもったいない気もしますが、SVUでここまでやれたんだから、きっと次の部署でも大活躍間違いなしだと思います。
ありがとう、デニ!

こちらこそ、TBありがとうございました☆
プロフィールプロフィールプロフィール

gobyuu

Author:gobyuu
LAW&ORDER:性犯罪特捜班にどっぷりハマっていた女。素晴らしいドラマです!!

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
カテゴリカテゴリカテゴリ
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
メールフォームメールフォームメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>バナー<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>B.D.Wong専門ブログ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。