FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-07

SVU シーズン7 第5話「審判」

靴屋のショウウインドウに、全裸の男性の遺体がディスプレイされているのが発見されます。被害者は店のマネージャー、ロビン・ウェラー27歳。遺体のそばには、”KILLER”というメッセージが書かれていました。



*以下、ネタバレあります*



ホアンはディスプレイの仕方から、「みんなのためにロビンを裁く」というメッセージだと推測。
オリビアとフィンはロビンの父親に聞き込みをします。父親は半年前に会ったきりだと言います。

ロビンの手の甲に「グリーン」というクラブのスタンプがあり、昨夜のゲイ・パーティに行った様子。
クラブでは、入店時に身分証をスキャンしていました。ロビンが訪れた時間帯を見ると、同じ頃、ケン・ランデルが入店していました。ケン……フィンの息子です。

フィンはケンに会いに行きます。息子がゲイであると知り、またそれがバレ、お互い複雑な様子でした。

ロビンは、半年前にエイズを発症していました。彼の父親が保険をかけていたことが判明し、金目当ての犯行も疑われますが、父親は否定します。
ゲイだとカムアウトされ、家から追い出したロビンが、母親の病気がきっかけで帰って来たのですが、ドラッグ依存でリハビリ治療にかなりお金がかかったらしい。それでもロビンはドラッグをやめられず、死期が近いことを悟った父親は、保険をかけたとのこと。

ロビンは恋人から暴力を受けたことがあり、その恋人が犯人の可能性も。ロビンの恋人ライドン・グラントを訪ねるSVU。ところが、彼もまた殺害され、やはり”KILLER”のメッセージが残されていました。

ライドンの部屋には、メタンフェタミン(セックスドラッグ)がばらまかれていました。
常用者かと思われましたが、彼は小さく稼ぐ売人でもありました。
ゲイの常用者からドラッグを盗んで売るMKS(マンハッタン・キラー)の犯行の可能性が出てきます。
”KILLER”というメッセージは、MKSの意味かも。

オリビアはケンに会い、パーティーの情報を聞き出します。

パーティーの夜、抗議デモが行われていましたが、店は裏口から客を入れていました。
(オリビアは街娼のフリをしていて、とってもセクシーでした)

いかにもクラブにいそうな服装のフィンが、男性が暴行を受けている現場を発見、すぐに加害者を連行します。彼らはMKSのメンバーでした。腕に”KILLER”のタトゥがあります。
(このタトゥ、ちょっとダサかった)

タトゥの男、ヘンリーを取調べますが、殺しはやってない、と否定。そこへワーナーが訪れ、殺害動機がドラッグではないという可能性を示唆。

ライドンもエイズを発症していました。薬剤の耐性が高く、感染後1年で死に至るキラー・ストレイン。
”KILLER”は、ロビンとライドンのことだったのです。

二人に感染させられた者の報復かもしれません。犯人が、二人がエイズと知った手段を捜査します。

保健局を訪ねると、感染者のリストがハッキングされたと言います。ですがファイルは暗号化されていて開けないはず。犯人は用務員のガブリエル・トマソン。エイズ団体レインボー・アーミーのメンバーで、オリビアとフィンが話を聞きに行きますが、もちろん犯行は否定します。

フィンは再びケンに会い、「お前と向き合いたい」と言います。被害者がケンと同じクラブにいたこと、エイズだったこと……気をつけろ、と言わないわけがない。そして、フィンはケンに捜査協力を頼みます。コンピュータ専攻だったケンを、ガブリエルが利用するかもしれない。
ケンはレインボー・アーミーに潜入捜査し、ファイルが開けなくて困っていたガブリエルから、ディスクを受け取ることに成功。

リストには、アレックス・トマソンの名前がありました。3ヶ月前に死亡した、ガブリエルの弟です。ガブリエルは、アレックスに感染させた人物を遡って探しているようでした。

ガブリエルは犯行を認めます。弟はいつもスキンを使用し、定期的に検査もしていた。ドラッグのせいでハイになり、感染させられた、と言います。

ホアン先生はガブリエルをメシア・コンプレックスと診断。殺人の罪は承知の上で、正当化している。

罪状認否で、弁護士は危機的状況での正当防衛を主張します。

耐性HIVは感染後1年で死亡する恐ろしい病気で、新薬を開発中ですが間に合っていません。
予防を訴えるしかない状況。そんな恐ろしいウイルスから、ゲイ社会を救ったのだ、と弁護側は主張します。

ガブリエルは、アレックスの日記で寝た相手を知り、検査を勧めるためにロビンに会ったと言います。
そこで彼は、ロビンがアレックスとセックスする前から、自分がエイズと知っていたことを知った。

二人の命で何千人も救った、とガブリエルは言います。

ケイシーはこれに対し、個人の責任を追及します。アレックスに責任はないのか? ドラッグでハイになっていたとはいえ、ドラッグの使用もノースキンでのセックスも、彼が選んだこと。
アレックスがパーティーでハイになって誰かに耐性HIVを感染させたら、弟でも殺しますか? とケイシーは迫ります。

裁判の結果、2件とも第二級殺人で有罪となりました。2件で50年を求刑すると言うケイシー。
ですが、ロビンの父親の陳述で結果が大きく変わりました。

ロビンが生きていたら、何人に感染させたかわからない、と彼は語ります。
ガブリエルの行為は決して許されるものではないが、心情は理解できる。
「厳罰はお見逃しを」と、ロビンの父親は言いました。

ガブリエル・トマソンは殺人では最短の15年の刑を言い渡され、フィンがそれをロビンの父親に伝えます。彼は、「息子がゲイだと聞かされたとき、死んで欲しいとまで思った」と言います。
「今、息子といられるなら、なんでもする」と……

フィンはすぐにどこかに電話をかけます。たぶん、ケンのところへ……(泣)



今回、エリオットは出番なし。忙しい時期だったのかな??

フィンの息子がゲイとわかり、さすがにショックだったと思います。もしもSVUでなく、麻薬課のままだったら、これほど理解ある態度はとれなかったかもしれません(もちろん戸惑ってたけど)。

MKSがゲイを狙っていたのは、私生活を隠したがり、襲われても警察に通報しないから。ここでも、同性愛者をかこむ社会の厳しさが表現されていますね。うむむ。

耐性HIVってのは本当にあるんです。どんな薬剤にも耐性がつくことはありますが、HIV/AIDSは発症を抑えることが重要。本当に恐ろしい病気です。

結局、予防を訴えるしかないというのが現状。覚醒剤(注射器のまわし打ちとか)でHIV感染が起こりうるように、耐性HIVだって同じだと思う。なのでセックスの際のスキン使用だけ気をつければ大丈夫というわけでもありませんが、スキン使用は当然!!もう、当然中の当然なのです。

ガブリエルの行動は、弟の報復という意味もあって、陪審の判断は賢明だったと個人的には思います。耐性HIVの感染を食い止めるため、というのも彼の中にあったと思う。でも、やっぱり大切な弟を殺したロビンが憎かったんじゃないかな……。

リスクの高いセックスをするのは罪深い行為だと思う。けど、だからって殺人は許されません……。


スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんにちは(^^)

フィンの息子がゲイだったなんてびっくりですね!
ん~、それにしても、HIVに耐性HIVまででているなんて知らなかったです。薬で抑えれるとなってそれほど経っていないのに・・・ウィルスは怖いですね。

リスクのあるセックスで人にHIVに感染させた者への怒りで殺人・・・。確かに殺人は悪いですが、それだけの怒りの気持ちは分かります。悲しい事件ですね。

それはそうと、いつも素敵なSVU記事をありがとうございます(^▽^)最近はあまりコメントを残せていませんが楽しませてもらっています。
また、次も楽しみにしてますね(^^)/

こんにちわ☆

はちだんごさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>

> フィンの息子がゲイだったなんてびっくりですね!
ビックリ意外な展開でしたね~SVUの刑事とはいえ、自分に関わるとなかなか理解しづらいかも、とか思ったんですが、大丈夫でした(´▽`)ホッ
今回の事件でケンとの絆も取り戻せたし、この親子にとってはいい機会になったと思います。

> 薬で抑えれるとなってそれほど経っていないのに・・・ウィルスは怖いですね。
もともとHIVは変異しやすいウィルスで、薬剤への耐性がつきやすいらしいです。私もこのエピを見て調べたんですが、耐性HIVに感染してすぐに発症した事例がNYで実際にあるようです。怖いですね……。

ドラッグの影響もありますが、予防を訴えることに限界があるのも悲しいけど事実。スキンを着ける、たったそれだけで感染リスクはかなり抑えられるのに……ロビンの行為は、殺人と変わらない罪だとも思います。それでも、ガブリエルに裁くことは許されないんですょね。

> いつも素敵なSVU記事をありがとうございます(^▽^)最近はあまりコメントを残せていませんが楽しませてもらっています。
いえいえ、こちらこそ、どうにも更新が間に合わなくてむしろ申し訳ないです(汗)
SVUは毎回めまぐるしく展開するので、レビューが難しい(今さら)……私もはちだんごさんの記事、いつも楽しみにしてます(゚▽゚*)

ありがとうございました☆

No title

こんにちは!この回の放送は前の無料放送で4話と一緒に見ました。

エリオットがいないのがさみしかったですが、私はSVUではフィンのファンにもなりつつあるので(特に髪型がみつあみの時が可愛い!)内容と共に見ごたえのある回でもありました。

ガブリエルはおそらくOZのロニー役の彼かと…。違ってたら恥ずかしいのですが(笑)「ロニー、ここでも悪事を働いているのね!」と思いましたが、ガブリエルのやったことはやっぱり正義を盾にしたそら恐ろしい行為だと思います。

あくまで私の一個人の意見ですが、こういった過激な行動をとる人物には、思想を曲解してしまう狂信的な信者がつきやすい、気、が、す、る…ので怖いです。

暗に風刺や批判も含まれているのかな?と深読みしてしまいました…。

私の場合、日常ではHIVの事は対岸の火事のように感じてしまっている部分がありますので、こうしてドラマなどを通して勉強できる機会があるのはすごくありがたいです。

それにしてもB.D.Wongは今月で50歳なのですね!驚きの若さと美しさです!!ホアンがメインの回があれば見てみたいです~!!

こんにちわ☆

ゆずぽん酢さん、コメントありがとうございます<(_ _*)>

フィンいいですょね(゚▽゚*) かっこいいし、マンチとのコンビが絶妙♪
言い回しが洒落てたりして、私も大好きです(*´ェ`*)

> ガブリエルはおそらくOZのロニー役の彼かと…。違ってたら恥ずかしいのですが(笑)
違ってないですよ~ロニー役のブライアン・ブルームです☆

> ガブリエルのやったことはやっぱり正義を盾にしたそら恐ろしい行為だと思います。
そうですね……正義を盾にしてるところが、ややこしいというか、逆説的というか、うっかり「正しい行い」のように見えたりもするので、複雑(;´Д`A

> 狂信的な信者がつきやすい、気、が、す、る…ので怖いです。
それは大いにありうると思います。過激で極端な行動なので、わかりやすいし、説得力ありますもんね。弁護側が主張したように、結核患者を隔離したのと同じことが、HIV感染者には許されていないから……でも”殺すしかない”という結論はあまりにも非人道的。殺人は殺人!と陪審が判断してくれて本当によかったと思います。

> 暗に風刺や批判も含まれているのかな?と深読みしてしまいました…。
そういう意味合いが多く含まれてると私も思います。現代の社会問題を、ドラマを通して訴えかけるというか……ゲイ社会に蔓延するドラッグ(これはゲイ差別も影響してると思います)←リンクするようにドラマの前半ではゲイ差別的団体からの暴力が描かれていました。ドラッグと同性間性交渉でHIV感染のリスクは高くなる。そういう実態をうまく表現してるなーと思いました。

> 私の場合、日常ではHIVの事は対岸の火事のように感じてしまっている部分がありますので、こうしてドラマなどを通して勉強できる機会があるのはすごくありがたいです。

そう感じていただけて、私もありがたいです(ドラマ関係者みたい)!!
HIVに関しては身近に感じられる機会が普通はなかなかないので……でもすごく大切なことなんですよね。

> それにしてもB.D.Wongは今月で50歳なのですね!驚きの若さと美しさです!!
ありがとうございます\(≧∇≦)/
でしょ~?!?!
素敵すぎます!ツボ(≧ω≦)b
ホアン先生が大活躍するお話はいくつかあるので、SVUのDVDと今後の放送も要チェックですね♪

ありがとうございました☆
プロフィールプロフィールプロフィール

gobyuu

Author:gobyuu
LAW&ORDER:性犯罪特捜班にどっぷりハマっていた女。素晴らしいドラマです!!

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
カテゴリカテゴリカテゴリ
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
メールフォームメールフォームメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>バナー<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>B.D.Wong専門ブログ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。