FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-21

SVU シーズン6 第22話「遺体の行方」

廃車置場で、女性の頭部が発見されます。スクラップ寸前の車内には、切断された右腕と左足が残され、女性の喉からは精液が検出されました。



*以下、ネタバレあります*


遺体の足首に「Leon」のタトゥがあり、彼女の恋人の名前かと思われました。遺体は関節できれいに切断されていて、医者や食肉業者など、専門知識のある人物の犯行と思われます。

彼女は人工関節の手術をしていて、人工関節の購入者は退役軍人病院でした。遺体は、戦地で怪我をし除隊したマネット・コムスと判明。マネットは鎮痛剤中毒で、ヘロインにも手を出していたようです。彼女の恋人レオンは食肉業者で、マンチとフィンは疑います。

マネットが服用していたドラッグの成分から推測される取引場所へ向かうエリオットとフィン。
マネットはドラッグを買うために売春をしていました。仕事の最中に現れた男が、彼女を連れ去ったとのこと。レオンだと思われます。

教会にいたレオンを連行しましたが、彼はバラバラにしたことは認めません。彼女を愛していて、結婚しようと思っていた。けれど彼女はドラッグに再び手を出し、売春まで……ユダヤ教では、子作り以外の性行為を禁じています(マンチ談)。
怒ったレオンは、駅の階段から彼女を突き落としてしまった。殺す気はなかったそうです。

駅で女性の死体が見つかっており、もちろんバラバラではない状態で処理されていました。おそらくそれがマネット。担当の検死官を訪ねると、助手のマークが処理したと言います。
で、このマークは、棺に土嚢を入れて誤魔化し、遺体は「寄付した」と言います。
医療目的なのは間違いありませんが、遺体は1体2000ドルで取引されていました。

遺体を買うのはラス・ビアンコ。彼はハドソン大学に解剖用に遺体の一部を提供していました。
ビアンコを逮捕し、彼が所有するワイン倉庫で多数の切断された遺体の一部を発見します。
そこには、生前に腎臓を摘出された形跡のある遺体が横たわっていました。

遺体はトーマス・テイラー。ホームレスでした。ビアンコにスカウトされて、自分の腎臓を売ったと思われます。

無縁仏やホームレスから臓器を取り出して売る卑劣な犯行に思えますが、ドナーが少ない現状を指摘するホアン先生。臓器売買を合法にすべき、という意見。しかし今のところ違法は違法なので、SVUはNTCC(全米移植調整センター)の登録者をあたります。ドナーを待つすべての登録者に、トーマスの腎臓を買う動機がある。

緊急度の高い人から順番待ちをしている登録者たち。そのリストのトップに、エイミー・ソルウェイの名がありました。シーズン5第22話「後悔の念」で、自殺幇助で逮捕起訴された彼女です。彼女を気にかけていたマンチが会いに行きます。

ビアンコは、登録者の間では有名な業者でした。エリオットが話を聞いた登録者の一人、ジェームズがビアンコに多額の金を支払っていることがわかり、彼が腎臓を買ったと思われます。そして、ビアンコとジェームズの仲介をしていたのが、エイミーでした。

マンチとエリオットは、移植外科医の名前をエイミーから聞き出し、違法な移植手術を阻止します。
しかしこれが……踏み込んだとき、手術の真っ最中。レシピエントはジェームズの息子カイル。まだ子供です。

目の前で死にかけてる子供から移植のチャンスを奪うのは、エリオットにとってもマンチにとっても辛かったと思います。

エリオットはNTCCに掛け合って、トーマスの臓器をカイルに移植する許可を求めます。が、当然拒否されます。売買された臓器ですからね、認めるわけにはいかない。

エリオットが署に戻ると、マンチとジェームズと移植外科医の姿がありません……
エリオットとケイシーが病院に戻ると、エイミーと一緒にいるマンチの姿。

ま、まさか、マンチ……

彼は、トーマスの腎臓を、エイミーに移植させようとしていたのです。

(だめだよ!!犯罪だよ!!刑事だろ!!)

とはいえ、エイミーを救いたいマンチの気持ちもわかる。エリオットはマンチを説得し、ケイシーはエイミーに口止めします。マンチの立場が危うくなってしまうから。このときのエリオットとケイシーは、かなりショックを受けているようでした。

エイミーはエリオットに、もしもカイルが死んだら、移植外科医をSVUに教えたことを、一生負い目に感じるだろうと話します。「あなたもよ」と。エリオットだって、カイルが死んだら自分の責任だと思うでしょう。

瀕死の状態から目覚めたカイル。起きたときいつもそばにいると約束したジェームズに代わって、エリオットが
父親不在の理由を説明します。「君のために腎臓を買った」というエリオットの説明に、「悪いことなの?」と聞く無邪気なカイル。違法なんだよ、アメリカでは……。

さて、トーマスの腎臓は使えませんが、エイミーにドナーが現れます。早速エイミーを訪ねるマンチ。ですがエイミーはまたもや移植を拒否して帰宅準備中。
「私が拒否すれば、カイルに移植される」と言うエイミー。
順番を待っている間に死ぬかもしれないのに……

カイルもエイミーも、元気になるといいんですが。



ちょうど数日前に見たNCISで、遺体を切断して売買する業者の話が出てたんで、すぐにピンときました。
ですが、さすがSVU。ドナーが少ない現状で、臓器売買について倫理的な問いかけをするようなエピでした。重い。

臓器売買、合法にして何がいけないの? というようなホアン先生のお言葉も、一理ありますね。貧富の差で命の重さが変わるのはいけないとか、医療が商業化して何かしらのトラブルを招く恐れがあるとか考えても、今現在闇で取引されてるんなら同じこと。リスクを承知で売買を合法化して値段とかも統制する方が、たくさんの命を救えるかもしれません。

移植それ自体も倫理的問題をはらんでます。宗教的な理由から臓器を提供できない人は多いはず。
臓器の提供を待つのは、エイミーが言っていたように「誰かの死を待つ」こと。
これってけっこう微妙な……難しい問題ですよね。

しかし今回のマンチの行動には驚きました。意外すぎる。すぐ感情的になって、ルールを無視しがちなエリオットやオリビアはともかく、マンチがねぇ……。彼は、どうしてもエイミーを救いたいんですね。

あと、本当に、トーマスの腎臓はもったいないと思います。だって彼は臓器摘出後に亡くなった。お金のために腎臓を売って、そのせいで死んでしまった気の毒な人です。合意で摘出したんだから、せめて誰かの役に立った方が……と思うのは不謹慎でしょうか?



応援お願いします☆↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

今回はエリオットが法を守る立場を崩しませんでした。ここまでかなりクレイゲンに叱られてたので反省したか?
逆にマンチのエイミーへの感情移入が強すぎて。でもこれがマンチらしいこだわりなのかもしれません。
命を取るか、法を取るか…時と場合によるけれど線引きが難しいところです。今回は最後にカイルの回復への希望が見えたのが救いでしたが、相変わらず重たい話でした。
オリビアはどこへ行ってたのでしょう?

こんにちわ☆

Garotoさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>

> ここまでかなりクレイゲンに叱られてたので反省したか?
前回はエリオットが法を破ったのに……だからこそ、マンチに間違って欲しくなかったのかもしれませんね~ 「俺の息子は関係ない!!」って怒鳴ってたし。でも、エライ!って褒めてやるには今回の事件は心情的に複雑です(汗)

> 逆にマンチのエイミーへの感情移入が強すぎて。でもこれがマンチらしいこだわりなのかもしれません。
ほんと意外でした……いつもクールなマンチはどこへ?? マンチがこだわってる「命」に関することって、すごく重要だけど、今回は法が邪魔しましたね。切ない(TωT)
マンチは、もしかして刑事としての立場とかどうでもいいくらい、そういう「こだわり」は捨てない男かも。

> 今回は最後にカイルの回復への希望が見えたのが救いでしたが、相変わらず重たい話でした。
ですね!!カイルは回復すると思います。エイミーは……難しいかも。以前マンチといい感じになった女性は亡くなりましたしね……

> オリビアはどこへ行ってたのでしょう?
見事に一度も登場しませんでしたね(汗)説明もないし……。
珍しくホアン先生がちょっと熱くなったり、SVUメンズの姿を楽しめました(*´ェ`*)

TBありがとうございました☆
プロフィールプロフィールプロフィール

gobyuu

Author:gobyuu
LAW&ORDER:性犯罪特捜班にどっぷりハマっていた女。素晴らしいドラマです!!

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
カテゴリカテゴリカテゴリ
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
メールフォームメールフォームメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>バナー<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>B.D.Wong専門ブログ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。