FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-27

SVU シーズン6 第18話「謎の霊能者」

ここ最近のSVUの中で、自分史上最高に気持ち悪い犯人でした(;´Д`A

ケイリーが行方不明になり、捜査に乗り出すSVU。彼女は18歳で、弁護士事務所で働いて学費を稼いでいました。ケイリーの自宅に、「娘のセックスは最高」とかいう最低な内容の電話が犯人からかかってきます。
母親は会見をして情報を求めます。



*以下、ネタバレあります*


SVUに、セバスチャン・バレンタインという男が現れます。彼はケイリーの捜査に協力するという霊能者。エリオットとクレイゲン警部はもちろん追い出しましたが、今度はケイリーの自宅に現れ、彼女の持ち物を透視します。
エリオットは怒ってセバスチャンを追い返しました。

このときセバスチャンはケイリーの事件について「コンピュータの回線が見える」とか、「水が流れてるが、濡れてない」とか言っていました。

ケイリーの働く弁護士事務所が配達員に持たせていた携帯電話のGPSを追跡し、ゴミ収集車から発見。

再びSVUに現れたセバスチャン。エリオットは、彼がまたケイリーの母親のところに行かないように、また捜査の邪魔をされないためにも招きいれました(クレイゲン警部は嫌々)。

シスター・ペグが捜査協力に訪れ、娼婦の一人が「ケイリー」と呼んで、彼女の真似をさせるという客に会ったと証言。

携帯電話に残されていたデータから、ケイリーが高校時代に付き合っていた元彼ジェイクの写真が出ました。また、犯人が撮ったのか、ケイリーが縛られている姿も……。ジェイクを訪ねると、彼女がオークションサイトで処女を売ろうとしていたことが判明しました。

そしてついにケイリーが発見されますが、発見の少し前に絞殺されていました。
現場は地下で、水道管が……エリオットはセバスチャンの言葉を思い出します。
「水が流れているが、濡れてない」

署に戻ってセバスチャンを探すエリオット。すごい剣幕でした。セバスチャンが犯人だと確信していたのです。彼の透視を「本物だ」と言う警官に、「警官失格」と怒鳴るシーンも(お、落ち着け)。

しかしセバスチャンは署内にいたのです。彼にケイリーの殺害は不可能。では共犯がいるのでは、とエリオットは彼を追及します。が、逆にいろいろ言い当てられて、やっぱり霊能者? と思わせるセバスチャン。ホアンが「コールドリーディングだ」(←占い師が使う手法らしいです)と判断して、今度はオリビアが嘘の情報を与えて間違いを誘導しようとしますが、見抜かれてしまいます。

どうやらコールドリーディングではなくて、「FACS」という技術だったようです。
顔動作記述システムとか言って、FBIやCIAで習う技術を、インターネットで入手した教材で習得したんですね。

しかしそんな霊能者もどきに時間かけてどうすんの? と私がモヤモヤしていた頃、セバスチャンの妻が赤ちゃんを連れて彼を迎えに来ました。透視できなかったセバスチャン。クレイゲン警部は二人を帰しました。

その矢先、シスター・ペグが失踪します。彼女のベッドには、きれいに置かれたケイリーの服。なぜシスターが狙われた?
セバスチャンは、署内でシスター・ペグと会っています。しかも尼僧だと聞いて、処女だと思ったかもしれない……。

セバスチャンの自宅に来たエリオットとフィン。エリオットがドアを蹴破り、フィンは「おいおい」って感じでした。令状がなかったんです。オリビアがケイシーを説得しますが、根拠がないから無理だと突っぱねられました。

セバスチャンと妻の二人は30分もかけて深夜に洗車していたところを連行されます。
ケイシーが令状をとり、二人の自宅を捜査。パソコンから、彼がインターネットでエリオットやオリビアの情報を入手していたことが判明(ネット、怖いですね)。

そして驚愕の事実が……

セバスチャン・バレンタインは偽名で、本名はヘンリー・パラバー。前科なしとなっていたのですが、半年前に入国したカナダ国籍の元囚人でした。レイプや誘拐で投獄されたのです。本当に、霊能者ではなく犯人だったんです。

結婚10年の妻が知らないはずがないと、オリビアが問い詰めます。彼女は囚人との文通プログラムでパラバーと知り合いました。彼に捨てられることを恐れて、誘拐殺人に協力したのです。
そして彼女は、「たぶん12人」の女性を襲ったと言います。

処女にこだわるパラバーは、妻が処女じゃなかったことで、「裏切られた」と言います。
彼が処女にこだわったのは、初体験のときの表情が好きだから。その表情は様々でしょう。しかし、「わずかな痛み」と表現したのは驚きですね。レイプですから、「わずか」なわけないだろ!!

署に来たのは、ことの顛末を見届けたかったから。そしてエリオットに「君の表情は最高だ」と言います。

こんな不気味な男のために女性を襲い、ケイリーを殺し、シスター・ペグを誘拐したパラバーの妻。

オリビアはシスターの居場所を聞きだし、エリオットと二人で救出に向かいます。シスターは頭を殴られていて、怪我はひどうそうだけど、生きていて本当によかった。
シスターは、自分を襲った女性が「赤ちゃんを盗んだ」と言っていたのを聞いていました。

パラバーがちゃんとした家庭をもてば更生してくれるかも、と希望を抱いたものの、処女じゃないからと彼は自分に触れもしない。そこで彼女は、半年前に妊婦を襲って胎児を奪ったのです。
ひどい……。

でも、そんな彼女をパラバーは「バカ女」と罵るのです。

エリオットはパラバーに「カナダには帰さない、ここで裁く」と告げます。
「うれしいだろ?」と聞くパラバーですが、なぜかパラバーの方が嬉しそう。「君は私に夢中だ」だって。最後まで気持ち悪い。



表情マニアというかフェチというか、そんな感じですかね?
でも、処女の表情が好きというだけではなくて、やっぱり処女→新品とか、神聖とか、そういう概念をもってると思います。奥さんを中古品って言ってたし。個人的には、処女にこだわるというだけでかなり気持ち悪いな、と思います。

しかも、実話をもとにしたお話だそうで。こんな霊能者いたら嫌ですね、ほんと。

ちなみに犯人のパラバーを演じたのはマーティン・ショート。
「花嫁のパパ」では陽気なブライダル・コーディネーターでした。「花嫁のパパ」レビュー

エリオットの表情が素敵なのは認めますが……


応援お願いします☆
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

花嫁のパパは未見なのですが、マーティンとB.Dが共演していたんですね。しかもSVUとはまるで違うキャラで…映画が気になってきました。
しかし不気味な霊能師。それ以上にその元犯罪者に惚れこんでしまった妻が恐ろし過ぎる。夫に捨てられることを思えば殺人もいとわないなんてありえないです…それだけのカリスマ性をセバスチャンは持っていたんでしょうね。怖いです。

こんにちわ☆

Garotoさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>

> マーティンとB.Dが共演していたんですね。しかもSVUとはまるで違うキャラで…
そうなんですょー二人はいいコンビで共演してました♪
だから今回ホアンがセバスチャンの嘘を見抜こうとするシーンとか、見ていて面白かったです(*^^*)

> それ以上にその元犯罪者に惚れこんでしまった妻が恐ろし過ぎる。
ですね……この妻の行動は理解できないし、ほんとありえないですね……。もともとヘンリーは殺人まではしてなかったので、二人の関係が彼の行為をエスカレートさせる要因になったのかもしれません。
とはいえこの妻にここまでさせちゃうヘンリーの魅力って一体なんだろ? と怖くなります(;´Д`A

こちらこそ、TBありがとうございます(*゚ー゚*)

はじめまして(*^_^*)

楽しく読ませていただいてます。私もこの犯人は最高に気持ち悪く後味も最悪でした。。。実話を元に というのもぞっとしますよね~。どこまでが実話を元なのか!?本当に霊能力者のフリをしたのだとしたら。。。子供も妊婦さんを殺して(ーー;)壮絶です。。。更新楽しみにしてます♪

こんにちわ☆

nayukiさん、はじめまして!

コメントありがとうございます<(_ _*)>
返信が遅くなってしまい申し訳ありません(汗)

> 私もこの犯人は最高に気持ち悪く後味も最悪でした。。。
ですよねー! ほんと最悪でした↓ なんだろう、あの気味悪さ……マーティン・ショートの演技力がすごすぎたのかも(゚ー゚;A

> どこまでが実話を元なのか!?
そうそう、どこまでが実話なのか気になりますよね。霊能者を名乗る男が犯人だった、というところまではありそうですけど、妊婦さんを殺して胎児を奪うまでは……怖すぎて実話とは思いたくないです。

応援ありがとうございます(*´ェ`*)
ちょっと遅れがちですが、がんばります♪

ありがとうございました☆
プロフィールプロフィールプロフィール

gobyuu

Author:gobyuu
LAW&ORDER:性犯罪特捜班にどっぷりハマっていた女。素晴らしいドラマです!!

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
カテゴリカテゴリカテゴリ
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
メールフォームメールフォームメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>バナー<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>B.D.Wong専門ブログ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。